新しい遠近両用レンズが登場しました!

メガネの春田静岡駅前店の春田です。

2月2日にレンズメーカーのHOYAさんから新しい遠近両用レンズが登場しました。
商品名は
HOYA LUX Lsi(ホヤラックス エルエスアイ)
HOYA LUX Jsi(ホヤラックス ジェイエスアイ)
HOYA LUX Msi Cliarc(ホヤラックス エムエスアイ クリアーク)
の3種類です。

いずれも以前からあった商品、LSVJAZMSV Cliarcのレンズにフレーム前傾角・フレーム頂点間距離・フレームそり角の「フレーム装用3条件」を考慮した設計(individual -インディビジュアル-)を加えたものです。
blog20160204

今までの遠近両用レンズとなにが違うの?

同じレンズ・同じ度数でもフレームによって見え方は大きく変わってしまうものなのです。
例えば、眼からレンズまでの距離が1ミリ遠くなるだけでも見え具合は変化します。
眼からレンズまでの距離が離れれば離れるほど、プラス度数側へ移動し実際の度数より弱くなります。

まつ毛の長い人はどうしても目からレンズの距離を離さないといけないため、今までのレンズですと実際の度数よりも弱くなってしまうなんてことが発生していました。

それ以外にもレンズの傾斜角(横から見た時のレンズの角度)やフレームのそり角によっても見え方は変わってきてしまいます。

そんな問題を解決するレンズがindividual -インディビジュアルレンズ!

私たちメガネの春田の眼鏡士があなたのお顔にメガネフレームを最適化し、レンズの度数と瞳孔間距離に合わせて、
・眼からレンズまでの距離
・フレームの傾斜角
・フレームのそり角
の情報を基にレンズメーカーさんがレンズをオーダーメイドで作成するものがインディビジュアルレンズです。
今までのレンズよりも快適な視界と装用感を実感していただけます。

インディビジュアルレンズはレンズメーカー各社が出していますが、HOYAさんのインディビジュアルレンズだけは左右の度数差を補正して設計を最適化してくれますので、左右の度数差がある方はいままでの遠近両用よりもクリアな視界が得られるようになりました。

今回新登場したレンズのハイグレードレンズ、HOYA LUX RsiおよびHOYA LUX Msiは更に快適にご利用いただけるレンズです。ぜひ次のメガネはインディビジュアルの遠近両用・中近両用レンズでいかかでしょうか。