快適な視力で安全運転に心掛けましょう!

メガネの春田静岡駅前店の春田です

ここ最近、高齢者の交通事故が多発しています。
以前は交通事故の被害者となることが多かったですが、事故を起こす側になってしまうことも増えてきているようです。
blog20161114
いまでは70歳以上で免許を更新する前に高齢者講習を受けることを義務付けられ、免許証の返納を警察署で受け付けていたりしますが、バスが通っていないなどといった理由から生活するために車がどうしても必要という方もいると思います。

高齢になるにつれて、認知症のリスクの増加や反射神経が低下することは知られていますが、眼の能力低下も忘れてはいけません。

1. 白内障 ~世界の失明原因第1位~
世界で失明の主な原因となっている白内障は眼の中の水晶体という部分がタンパク質が固まってしまうことなどの原因で濁ってしまう病気です。急性白内障といったものもありますが、徐々に視力が低下していきますが、手術をすれば視力は回復します

2. 緑内障
眼の中の房水という液体が過剰になり、眼圧が高くなり視神経に損傷を与えてしまう病気です(中には眼圧は正常だけど緑内障になることもあります)。緑内障にかかると周辺の視野が欠損していき、最終的には失明する恐れがありますが、早期に見つかれば、手術や薬で進行を抑えられる可能性があります

3. 加齢黄斑変性
文字通り、眼の網膜の中心部にある黄斑という部分の下の網膜色素上皮の細胞が変性する病気です。黄斑部は物を見るうえで重要な部分で、細胞が変性することにより視野の中心部分が欠損したり、物がゆがんで見えてしまいます。滲出型と萎縮型の2種類あるのも特徴です。社会の高齢化に伴い失明の原因として増加しつつあります。

4. 眼瞼下垂
眼を開くためにまぶたを上げる上眼瞼の異常です。筋肉の衰えなどが原因で、まぶたがしっかり開かなくなり視力もその分低下します。手術をすることにより視力は改善されます

高年齢化が進むことにより、眼疾患のリスクも高まります。早期にわかれば良好な視力・視野を維持できるかもしれませんし、交通事故という痛ましいことも少なくなると思います。

免許更新の前だけでなく、定期的な眼科さんの診察を受けるよう強くお勧めします!
また、今かけているメガネでしっかり視力が出るか心配な方はメガネの春田までお越しください。視力測定・ご相談はいつでも何回でも無料で承ります

快適な視力・眼鏡で安全運転に心掛けましょう!