プラスチックフレーム~オプチル~

メガネの春田静岡駅前店の春田です。

optylblogimage

本日はオプチル素材のご紹介です。

オプチルの元の素材はドイツで1930年ごろに発明された熱硬化性樹脂です。それをメガネのフレーム素材として応用・開発されたものが”エポキシ樹脂”呼ばれるものです。

そしてその素材で1965年にオーストリアのアンガー社が”オプチル”としてメガネフレームを市場に出しました。

比重はセルロイド・アセテートに比べて軽く、アセテートと比較すると30%程軽いと言われています。
また、経年変化による色褪せがなく、汗や皮脂、整髪料に侵されにくいことも特徴です。

注意点としては調整時にヒーターで加熱後、急に冷却しないで自然に冷ます必要があることです。

オプチルはGUCCI(グッチ)やFENDI(フェンディ)の一部のフレームに使用されています。
オプチル性のフレームには必ずフレームにオプチルのマークがついていますのでぜひ探してみてください