家康公めがねのレプリカあります

メガネの春田静岡駅前店の春田です。

今年は家康公四百年祭ということで徳川家康公のゆかりのある地域でいろいろとイベントを開催しています。
そんな中、眼鏡組合さんが久能山東照宮にある家康公が愛用した目器(めき)と呼ばれる手持ちのメガネのレプリカを作ってくれました。

image1

本物はべっ甲ですが、こちらはアセテート生地です。
サイズや形は福井のフレーム工場で忠実に再現してもらったらしく、色も同じようなものらしいです。
レンズも本物と同じ度数(+1.50ディオプター)が入っています。
※プラスレンズが入っているため、近く専用のメガネと言われています。

先日静岡駅前店までメディアさんが取材に来てくれてテレビにも出してもらえました。
レプリカで非売品ですがメガネの調整・お掃除のついでに見に来てください。

他のめがね屋さんでも組合に加盟されているところでは展示されているかと思いますよ。