メガネレンズ1 ~プラスチックとガラス~

静岡駅前店の春田です。

現在レンズの素材はプラスチックとガラスの2種類に別けられます。
今回はこの2つの素材の長所と短所を紹介します。

1. ガラスレンズ

長所
1. 傷がつきにくい
2. 熱に強い
3. 均質性に優れる(歪みが少ない)
4. 高い屈折率でレンズを薄くできる

短所
1. 割れやすい
2. 重い
3. カラー染色の種類が少ない
4. メガネフレームに縛りがある

2. プラスチックレンズ

長所
1. 割れにくい
2. 軽い
3. フレームに合わせて選ぶことができる
4. 設計が豊富

短所
1. 傷がつきやすい
2. 熱に弱い
3. 度数によってはガラスレンズより厚くなる

ガラスレンズは重くて割れやすいという欠点がありますが、傷がつきにくく耐久性に優れています。
プラスチックレンズはやはり軽いこと、割れにくいという長所があり、設計やコーティングの種類が豊富にあるため選ばれることが多いです。

よほどガラスレンズがいい!ということがなければ当店でもプラスチックレンズを選択していますが、使用目的によってはガラスレンズを勧めることもあります。

ガラスレンズがおススメな例を少し挙げてみると・・・
1. 強度近視の方
2. 歪みやにじみに対する見え方に敏感な方
3. ドライブ用や予備の眼鏡として車の中にいつもおいている方
4. お風呂用に使う方
5. ファインダーを使うカメラを使用する方
6. キッチンなど高温の場所で作業する方
7. 草刈りなどを頻繁にする方

このように意外とおススメできる人はたくさんいます。

・ プラスチックのレンズを使っているんだけど、すぐダメにしちゃう。
・ もっとクリアに見えるレンズが欲しい。

という方、ご相談ください。ガラスレンズにすると改善するかもしれませんよ!