補装具・日常生活用具申請制度について

補装具・日常生活用具申請制度とは
身体障がいのある方の失われた部分などを補い、日常生活を円滑に行うために必要に応じて障がいに適した用具な機器の購入を公費で助成する制度です。

制度を利用するには

制度を利用するためには障害者手帳を取得し、障害者と認定される必要があります。
取得方法に関しては、お住まいの市町村、障害者福祉課までお問い合わせください。
補装具・日常生活用具は申請前に購入すると補助の支給対象にはなりません。

自己負担額

補装具・日常生活用具は対象のものにより限度額が定められており、その限度額の1割の自己負担額があります。限度額を超えた額については自己負担となります。

また市民税課税額と限度額の関係など、各市町村によってことなりますので、詳しくはお住まいの市町村の障害者福祉課へお問い合わせください。

日常生活用具や補装具の一覧表は各市町村の障害者福祉課でご覧いただけます。